un cadeau(アン カドー)

sakura10s.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 21日

色づく鎌倉   個展終わる

11月14日から19日までの六日間、鎌倉の雪之下画廊で、草木染手織の個展をやらせていただきました。
2年に一度、15年間この場所で開催させていただきましたが、2年ごとに鎌倉を訪れるたびに、鎌倉の町の変わりように驚かされてまいりました。今年も、やはり同じでした。そして、人の流れも変わりました。そのような中で、以前は一元さんのような団体さんに表面的な賑わいがございましたが、今年は、本当に興味のある方が、真剣な眼差しでご高覧いただき、さらにいろいろなご質問を頂いたりと、作者冥利に尽きる六日間だったように思います。一昨日終わりましたが、皆様が私の疲れをご心配頂きましたが、そのようなとても気持ちのいい終わり方でしたので、昨日、今日特別な疲れもなく平常の生活に戻ることができました。

ご来場者のあの眼差しが、さらに次へのステップの活力になっているのではないかと思います。
お出かけいただいた皆様に、改めて心からの御礼を申し上げます。
これからも、どうぞよろしくお願い申しあげます。

リンクを頂いている、Cecile story, ゆうゆう時間、フランの一日、Sweet Davyの皆様がとても素敵にアップしていただいておりますので、そちらの方でも、どうぞお楽しみくださいませ。

私は、雰囲気だけの紹介の写真になっております。作品と同様拙い写真ですが、とりあえず、アップさせていただきました。

画廊の近くの一本の木が、秋が深まりましたというように、きれいに色づいておりました。その落ち葉を拾って、ディスプレーにもつかって~。
e0118401_952784.jpg


この度は、お教室の生徒さんも一緒の発表と準備に参加していただきました。
染色にフランス人の方が見えていますが、その方のセンスがあちらこちらで活かされ、今までまた違う、楽しいものになりました。この看板もフランス人のセンスです。
e0118401_9565667.jpg
e0118401_9571254.jpg


会場の風景
e0118401_9585671.jpg
e0118401_9591265.jpg
e0118401_9593821.jpg


生徒さんの作品。タピストリーの左からコーナーまで。お客様たちが、生徒さんの作品に感心して、”あらっ、お値段は付いていないの?”といわれてしまいました。この次は生徒さんにもお値段をつけてと思っております。お楽しみに~☆
e0118401_10234659.jpg

3月にスウェーデン国王の来日の時に、レセプションに招かれた知人からの注文で、今年の桜で染めたストールを献上させていただきました、そのお礼状も飾らせていただきました。
e0118401_100212.jpg



石巻の友人に、ディスプレーを薪を重ねたイメージを考えていると話しましたら、山へ行って
剪定の必要な枝を切って送ってくださいました。とても嬉しい協力でした。
e0118401_9574835.jpg


e0118401_1053779.jpg


最終日、荷物を全部搬出した後、手伝ってくださったかたと、”お疲れ様でした~、でも、楽しかったですね~♪”の言葉を交わしながら、お食事をしましたが、皆さんのとても嬉しそうなお顔に、私は、今回皆さんと開催してよかったと、つくづく心に染み入るものを感じた夜でした。

画廊の近くに咲いていたお花が、優しく見送ってくれました。また、2年後、来れるように頑張りましょうと心に秘して、鎌倉を後に致しました。
e0118401_10131385.jpg


 枯葉舞ふ 一枚の布(ふ)のものがたり      sakura

鎌倉の ”秋の彩り” 夢一夜         sakura
[PR]

by sakura10s | 2007-11-21 10:13 | ■イベント


<< Bienvenu! よう...      世界の秋 >>